人々が健康で安心して働ける労働環境を目指して96年…

お知らせ

  1. 2017年7月1日2017年7月1日、当研究所は創立96周年を迎えました。
  2. 2017年11月15日労働科学 93巻5号 発行
  3. 2017年11月10日『経済政策と労働科学』(「虫・鳥・労働科学の目」) 掲載
  4. 2017年10月25日労働の科学 72巻10号 次世代の働き手に向けた安全衛生教育 発行
  5. 2017年10月20日『小田急電鉄株式会社(略称・小田急)車両火災を巡って』(「虫・鳥・労働科学の目」) 掲載
  6. 2017年10月12日セミナー「輸入、販売、製造者に知ってほしいGHSの知識と企業責任」を1月10日(水)、11日(木)に開催
  7. 2017年9月29日セミナー「業務的観点からのメンタルヘルス対応」を12月4日(月),13日(水)に開催
  8. 2017年7月6日貸切バスの転落事故(長野県北佐久郡軽井沢町)事故調報告
     過労や睡眠不足に関係した健康起因事故を長年にわたり研究してきた当研究所長の酒井一博が委員長を務めている事業用自動車事故調査委員会報告書が、7月5日に国土交通省から公表されました。
  9. 2016年6月13日当研究所は安全運行サポーター協議会と新たな活動を開始致します。詳細はこちら(同協議会サイト)をご覧ください。
  10. 2015年11月18日■□■公益財団法人労働科学研究所 名称変更・移転のお知らせ■□■
    当研究所は「公益財団法人大原記念労働科学研究所」に名称を変更し、渋谷区へ移転いたしました。平成27年(2015年)11月16日(月)より新オフィスにて業務を開始しております。移転先の詳細はこちらをご覧ください。
  11. 2015年6月1日研究所の中期研究戦略2015-2019 公開

過去の記事

トピックス

セミナー
イベント

開催案内「消費者製品の化学物質管理」 東京開催は(地独)東京都立産業技術研究センターとの共催となります。 輸入、販売、製造者に知ってほしいGHSの知識と企業責任 -化学物質の危険有害性を正しく理解し発信するメリット- ■講 師  城内 博 (日本大学理工学部特任教授)■日時と会場東京:2018年1月10日(水)13:30~17:00 東京都立産業技術研究センター墨田支所   ※東京都立産業技術研究センターとの共催プログラム    (センターの紹介および測定機器、各種実験室等の見学)を含みます。大阪:2018年1月11日(木)14:00~16:30  大阪クロススクエアセミナールーム    ※講演のみとなります。■受講料無料■対 象 通信販売、 [ ... ]

過去の記事

出版物

article thumbnail

表紙 サンプル(表紙) 書誌情報 定価: 1,500円 体裁: B5判 目次 原著 日勤短縮による深夜勤前の勤務間隔時間の延長が看護師の睡眠と疲労感に及ぼす効果松元 俊 健常者の車いす下り坂走行時の動作と心理に及ぼす身体動作制限の影響三上ゆみ, 中村孝文, 田内雅規 □学会だより <日本応用心理学会第84回大会> □文献紹介 <ヨーロッパ27会社におけるゼロ事故ビジョン実施のためのコミットメントとコミュニケーション、文化、学習の重要性> <バス運転手のスプリット勤務とストレス,健康,心理社会的労働要因の関係> 抄録 日勤短縮による深夜勤前の勤務間隔時間の延長が看護師の睡眠と疲労感に及ぼす効果 松元 俊 労働科学,93( [ ... ]

出版物発刊一覧

プレス
リリース

掲載日: 2017年5月29日 『健康・過労起因事故の防止とドライバーの労働生活向上を目指して』と題し、第2回安全運行サポーター協議会セミナーを6月16日(金)13時30分より開催致します。 安全運行に欠かせない、プロドライバー様の日々の健康・労務管理の向上による事故防止モデルの実証実験・研究の成果報告、最新動向はじめ、今後のより良い取り組みに向けたヒント・課題解決について、多角的視点で、会場の皆様と共に考えていきます。 お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。 概要 【日  時】2017年6月16日金曜日 13時30分~(13時開場、17時半閉会予定) 【場  所】東京海洋大学 越中島会館(最寄り駅:JR京葉線 越中島駅) 【参加方法】事 [ ... ]

過去の記事

虫・鳥
・労働科学の目

近年の経済政策のキーワードは、「一億総活躍」、「女性活躍」、「働き方改革」と続き、今度は「人づくり革命」とされている。労働力人口の減少傾向を緩和させるため、これまで十分活用されてこなかった高齢者や女性の労働参加率を高めていこうとする「一億総活躍」や「女性活躍」、同一労働同一賃金の取り組みや長時間労働の是正などの「働き方改革」によって多様な人材が能力を発揮できる社会を構築する試み、教育や人材への投資を通じて労働生産性を向上させようとする「人づくり革命」。どれも少子高齢化や人口減少という経済社会の変化に対応するものであり、政策の方向性としては正しい。 しかし、どれもが経済成長を加速させるための経 [ ... ]

過去の記事

ろうけん余話

article thumbnail

関西電力原子力研修センター様よりの受託研究事業として,本年の8月にヒューマンファクターに関する研修を実施しました。本研修では様々な産業現場で発生した事例や,産業事故を擬似的に体験するシミュレーション課題を用いたグループワークを中心に行なっています。このようなテーマの採り上げ方や手法は,仕事に関する判断やコミュニケーションが何故うまく働かないことがあるのか等々について,受講者がディスカッションを通じて考え,ヒューマンファクターを考慮することの重要性や,安全について気付きを促すことを目的としたものです。 研修内容 事例分析後の全体ディカッション 具体的には,実際に産業現場で発生した事故事例を採り上 [ ... ]

過去の記事