2016年11月09日   労研セミナー「疲れをためない夜間の働き方・働かせ方」1月18日、19日に開催 
2016年10月01日 労研セミナー「職場で使える「職場ドック」」11月15日、17日に開催
2016年10月01日 労研セミナー「社員教育で伝えたい「食」の大切さ」10月12日、13日に開催

2016年06月13日 労研は安全運行サポーター協議会と新たな活動を開始致します。詳細はこちら(同協議会サイト)をご覧ください。

2015年11月18日   ■□公益財団法人労働科学研究所 名称変更・移転のお知らせ■□
当所は「公益財団法人大原記念労働科学研究所」に名称を変更し、
渋谷区へ移転いたしました。平成27年(2015年)11月16日(月)より新オフィスにて業務を開始しております。移転先の詳細はこちらをご覧ください。

2015年10月29日 労働の科学 70巻10号 勤務間インターバルを確保する
2015年10月15日 作業環境測定士登録講習の本年度中止
2015年06月01日 労働科学研究所の中期研究戦略2015-2019 公開
2015年05月20日 新刊 メンタルヘルスに役立つ職場ドック
2015年05月20日 新刊 夜勤・交代勤務 検定 シフトワーク・チャレンジ 公式問題集
2015年03月24日 労働科学 90巻3号
2014年12月19日 高年齢労働者の労働安全・健康構築プログラム掲載
2014年02月17日 労研メールマガジンの発信と登録

過去の記事

セミナー・イベント

article thumbnail

開催案内 「夜間に働く」 2016年度 第7回 労働科学研究所セミナー 疲れをためない夜間の働き方・働かせ方-夜勤・交代制に関して科学的に解明されている知識を実務に活そう!- 講師:佐々木司(大原記念労働科学研究所 上席主任研究員) <東京>2017年1月18日(火)14:00~16:30 日本教育会館 9階 901<大阪>2017年1月19日(木)14:00~16:30 大阪クロススクエア セミナールーム みなさん、ご自身のワーク・ライフ・バランスは取れていますか?世の中が24時間化社会と言われて久しいです。当然、「夜間に働く人」も必要になってきます。夜間に働くことは、昼間に働くよりもリスクが伴います。しかし、グローバル化、ICT化が [ ... ]

過去の記事

出版物

article thumbnail

  巻頭言新生労研―これからの労働科学(10)研究成果の活用と実践に学ぶ:斉藤進[公益財団法人大原記念労働科学研究所]  保育の質の確保・向上を保育の意味を考える――子どもの育ちを支えるための保育を:小林美希[フリージャーナリスト]変質する保育士の職場集団と改善への課題――保育士が専門性を獲得し発揮する条件とは:小尾晴美[名寄市立大学]非正規化が進む公営保育所――官製ワーキングプアの保育士たち:上林陽治[公益財団法人地方自治総合研究所]子育て支援の保育現場で――公的保育サービスのあり方:徳田武史[調布市立上石原保育園]安全・安心な保育職場づくり――働き続けられる職場で,職員の技能の向上と伝承を: [ ... ]

出版物発刊一覧

安全衛生関連情報

article thumbnail

2014年9月27日に御嶽山が噴火し、多くの人的被害をもたらしました。噴火でお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。先日の御嶽山噴火は事前に予知できなかった想定外の事象であり、火山の噴火が起きた際どのように対応したらよいのか、未だ情報提供が不十分な現状です。当所刊行の普及誌「労働の科学」では、2013年6月号から2014年1月号まで8回にわたり「火山噴火時に健康を守る」を掲載してきました。この連載では、火山噴火に遭遇した際や、火山灰の清掃作業時に人々の健康を守るための科学的知見をまとめ詳しく解説しています。今回、突発的な火山噴火への対応について情報を得たい皆様の用に供するため、本連載の一部をPDFで公開する [ ... ]

過去の記事: 安全衛生情報提供 新型インフルエンザ 東日本大震災 その他

プレスリリース

私たちは貸切バス業界の健全な経営と安全に向けた取り組みを応援します 長野県軽井沢町で発生したスキーツアーバス事故について   平成28年1月19日 公益財団法人大原記念労働科学研究所 研究部運転と疲労プロジェクトチーム長 鈴木一弥 2012年4月の関越自動車道で7人が死亡した事故の教訓は,バス運転手が夜間に運転できる距離を670キロから400キロ(昼間は500キロ)に短縮するなど,抜本的な対策として活かされました。しかしながら残念なことに,2016年1月15日未明,長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスで発生した重大事故は,死亡15名という,しかもそのほとんどがわが国の将来を担う若者が犠牲になるという事 [ ... ]

過去の記事

スペシャルコンテンツ

越谷市役所の安全衛生スタッフと活動

01越谷市安全衛生管理課職員 09消防本部安全員による訓練の安全管理
越谷市安全衛生管理課職員 消防本部安全員による訓練の安全管理

 詳細および過去の記事についてはこちら

 

労働科学研究所

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12 桜美林大学内3F
Tel:03-6447-1435(直通) 03-6447-1330(代表)
Fax:03-6447-1436  メール