公益財団法人 大原記念労働科学研究所
公益財団法人
大原記念労働科学研究所
The Ohara Memorial Institute for
Science of Labour

プロジェクト3:「産学協働(桜美林学園との連携)」

はじめに

1921年7月に倉敷労働科学研究所として設立された当研究所は、2021年7月に設立100周年を迎えます。
百周年記念事業プロジェクト3では、ご支援頂いている桜美林学園との連携の強化と発展に取り組みます。

1.教育・研究面で協働します

2020年度から桜美林大学マネジメント学群における学部向け科目(「企業活動と労働環境」)を当研究所の研究者らが実施しています。
また、老年学研究所との共同研究等を進めています。

2.日本労働科学学会を創立しました

2020年6月27日に当研究所と桜美林大学のメンバーを中心に、日本労働科学学会を創設しました(会長:酒井一博、事務局長:坂本恒夫)。社会科学、自然科学の研究者、さらに産業組織の実務家の方々が共に労働に関わる社会課題の解決に向けて取り組みます。
11月28日には第1回目の学会の部会をオンラインで開催し、各種研究会活動がスタートしました。
現在、学会webサイトを作成しています。

3.共催シンポジウムを開催します

共に100周年を迎える桜美林学園と、シンポジウムの共同開催を行います。