人々が健康で安心して働ける労働環境を目指して96年…

「飲食業の安全で健康的な働き方を支援する」シンポジウム

印刷

掲載日: 2018年1月25日

概要

国際的にも評価の高いサービスと安全性を誇る我が国の外食産業のさらなる発展のために、飲食店等で働く人材の確保・育成が重要である。第三次産業就業者の増加もあって、残念ながら飲食店の労働災害件数は増加している。飲食店の従業員が安全で健康的に働くことができる環境や仕組みの整備が望まれている。

今回のプロジェクトでは、外食産業の皆様の調査協力により、自主対応型の事故防止の取り組みを支援するツール「外食産業職場改善アクションチェックリスト」を開発した。小規模飲食店での使用を想定し、職場にすでにあるグッドプラクティスの展開を主軸とした改善への参加を通じて相互啓発ができることを企図した。若い従業員がなじみやすいIT・インターネットを介し、シフトの時間差を超えて効率的に対策立案ができるシステム化を試みた。

シンポジウムでは個人店の運営でご活躍の方にご登壇いただき、飲食店の安全衛生の取り組みの実例、実際に改善ツールを試用した成果についてお話していただく。また、産業事故防止の上で問題になる組織的課題と安全文化をとりあげ、調査結果の報告と今後に向けた課題を提示する。

日時

2018年3月14日(水)13:00~16:00(受付開始12:30~)

場所

桜美林大学四谷キャンパス 1階ホール(SY101)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12(Google map

定員

80名(参加は事前登録制、費用は無料です。受付は先着順となります。)

プログラム

13:00~13:05 ご挨拶
公益財団法人大原記念労働科学研究所 所長 酒井 一博
13:05~13:20 調査結果報告
公益財団法人大原記念労働科学研究所 佐々木 司
13:20~13:40 「職場改善アクションチェックリスト」について
公益財団法人大原記念労働科学研究所 松田 文子, 佐野 友美
13:40~14:00 講演
ちゃんこ屋鈴木ちゃん 店長 鈴木 昌平氏
14:00~14:10 事例報告
公益財団法人大原記念労働科学研究所 松田 文子
14:10~14:20 休憩
14:20~14:35 アンケート調査の結果報告
公益財団法人大原記念労働科学研究所 工藤大介
14:35~15:15 ワークショップ
公益財団法人大原記念労働科学研究所 佐野 友美, 松田 文子
15:15~15:25 安全文化評価ツールについて
公益財団法人大原記念労働科学研究所 余村朋樹
15:25~15:40 WEB ツール化について
公益財団法人大原記念労働科学研究所 石井賢治
15:40~ ディスカッション

お申込み方法

こちらのシンポジウム参加申し込みフォームをご利用ください。

問合せ先

シンポジウムに関する質問などがございましたら、以下までご連絡ください。

  • 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12 桜美林大学3F
    公益財団法人 大原記念労働科学研究所
    シンポジウム担当(ISLsympo2018@isl.or.jp
  • TEL 03-6447-1330(代表)または 03-6447-1331(研究部) 受付時間:9時~17時
  • FAX 03-6447-1436