人々が健康で安心して働ける労働環境を目指して96年…

大原ネットワーク

印刷

大原ネットワークとは

大正から昭和にかけての偉大な経営者大原孫三郎は、手塩にかけたクラボウ、クラレの経営だけでなく、農業研究所、社会問題研究所、労働科学研究所、病院、美術館など、次々と個性豊かな機関を創設し支援しました。およそ90年の月日を経て、これらの機関はすべて現役の活動をつづけています。情報共有と相互の活動支援を目的に、2008年に「大原孫三郎関連施設・機関ネットワーク」(大原ネットワーク)を立ち上げました。

2009年に創設90周年を迎える法政大学大原社会問題研究所が、記念事業の一環として他施設に呼び掛け、2008年7月25日都内で大原ネットワークシンポジウムが開催されました。このシンポジウムを皮切りにスタートした本ネットワークは、今後、互いが持つ大原孫三郎に関する情報を共有し、全体像を明らかにすることで孫三郎の功績を再確認するとともに、後世に伝えるのが目的としています。

大原ネットワークの参加機関

  • 公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構(1923年創立、創立時名称「倉紡中央病院」)
  • 公益財団法人 大原美術館(1930年創立、創立時名称「大原美術館」)
  • 国立大学法人 岡山大学 資源植物科学研究所(1914年創立、創立時名称「大原奨農会農業研究所」)
  • 法政大学 大原社会問題研究所(1919年創立、創立時名称「大原社会問題研究所」)
  • 公益財団法人 大原記念労働科学研究所(1921年創立、創立時名称「倉敷労働科学研究所」)

関連団体

一般財団法人 有隣会