人々が健康で安心して働ける労働環境を目指して96年…

中期戦略

印刷

労働科学研究所の中期研究戦略2015-2019                 

2015年6月1日
公益財団法人 大原記念労働科学研究所 

 私たちは、産業界が健全に発展し、人々が安全で健康な人間らしい働き方をするために調査と分析を行い、問題を解決する方法とツールを開発し、社会へ提供することに努めます。安全・安心で豊かな労働生活づくりへ貢献することを目指し、以下のような2015年度から2019年度までの当研究所の戦略的な取り組みを社会へ公開します。 

1.働く人たちを取り巻く環境の急激な変化と多様化に注目し、先を見越した問題の把握と課題解決法の提案を行います。特に、少子高齢化、発注・受注構造の複雑化、新しいICT機器導入に関わる労働科学上の評価と改善に取り組みます。 

2.第2次産業に加えて、労働災害が増えている外食産業など第3次産業における安全及び健康上の課題を抽出し、職場の特性を考慮した従業員参加型の教育プログラムを開発します。また、産業現場への適用を積極的に行います。 

3.現代労働者の疲労の特徴をとらえ、疲労カウンセリング法の開発と展開に取り組みます。 

4.新しいユビキタス社会(Internet of Things, IoT等)の労働負担を評価し、ICT を駆使して労働実態を「見える化」するツールを開発します。 

5.産学官民との相互連携を強化し、労働科学研究の更なるネットワーク化に努めます。安全と健康に関する社会人教育に加え、学生に対する労働科学教育の新しいあり方を探索します。

以上